HOLE NO. 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT TOTAL
REGULAR TEE YARDS 473 131 350 360 294 391 147 483 334 2963  
LADY'S YARDS 430 105 299 322 234 332 125 420 278 2545  
PAR 5 3 4 4 4 4 3 5 4 36  
HOLE NO. 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
REGULAR TEE YARDS 486 143 377 373 317 412 210 539 344 3201 6164
LADY'S YARDS 458 115 341 354 271 378 132 474 329 2852 5397
PAR 5 3 4 4 4 4 3 5 4 36 72
 
 雄大な鳥取大砂丘と日本海を見下ろす丘陵コース。
 1953年に十六松コースとして誕生し老舗のゴルフ場として1964年7月に
 現在地に移転”鳥取ゴルフ倶楽部”として開場する。 当時はまさにスコットランドを
 彷彿とさせる砂丘を利用したコースだった。現在もその戦略的な面白さは踏襲され
 日本海から吹く風がゴルファーを悩ませる。
 基本設計は9ホールだが、フロントティー・バックティーの18ホールプレー。
 グリーンは1グリーンの高麗芝。
 全長6,164ヤードと距離的には短いが、戦略性に富みショートゲームと
 コースマネジメントが攻略の鍵。
 
No.1ホールNo.10ホール
 
ロングヒッター2オン可能
ティショット右方向注意
 
 
 
No.2ホールNo.11ホール
 
優しいショートホールだが
左サイドより右サイド狙い
 
 
 
No.3ホールNo.12ホール
 
左サイド狙い・セカンド方向注意
グリーン右サイドは谷で打上げ困難
 
 
 
No.4ホールNo.13ホール
 
セカンドは極端な打ち下ろしホール
飛距離より方向重視・左OB
スコアメイクのキーホール
 
 
No.5ホールNo.14ホール
 
ティショット右注意
打上げホールとなり
セカンドは距離表示より大きめのクラブ
 
 
No.6ホールNo.15ホール
 
ロングヒッターは左サイド狙い
右方向はセーフゾーン広い
セカンド打ち降ろし
 
 
No.7ホールNo.16ホール
 
比較的優しいショート
左サイド注意
 
 
     
   
右前のせり出しによりプレッシャーのかかる長いショート
 
ワンオンチャレンジの気をそそる名物ホール
 
 
No.8ホールNo.17ホール
 
難易度No.1のプレッシャーホール
視界は狭いが意外と広い
上空の風に注意
スコアメークのキーホール
 
No.9ホールNo.18ホール
 
正面松の木を越えれば打ち下ろし
マネジメント次第でバーディチャンス
 
 
     
   
全ホール高麗芝グリーン
芝目は海方向
傾斜と芝目を読んでナイスパット
 

 

ご意見・ご要望は こちらまで